第一回桂雀五郎独演会

慶治郎 子ほめ
雀五郎 初天神
二乗 写真の仇討
雀五郎 三十石夢通路
仲入り
雀五郎 崇徳院

糸:はやしや律子
鳴物:右喬、吉の丞、染吉、二豆、長坂堅太郎 


いやあ素晴らしかった!
慶治郎もいい開口一番、二乗もいい色になり盛り上げたが、雀五郎のストイックなまでに追い込み作り込んだ噺に脱帽、特に「崇徳院」は今年の上方一番だ!


twitterに勢いで書き込んだが、その気持ちに変わりはない。


慶治郎の滑らかな口跡の「子ほめ」に感心し、大阪にいたらもっと聴きたい若手だと思った。二乗は見事なまでに雀五郎がする噺と真逆のネタを選択し上手く色を変えてこれまた感心したものだ。しかししかし、それ以上に素晴らしかったのが、やはり今回の主役雀五郎であった。


まず最初の登場では拍手が鳴り止まなかった。これには雀五郎も少し驚いた様子で、まあまあと手で制して短いマクラに入る。
子供の小噺で「堅太郎」を名前に使うのだが、次に登場の二乗が「楽屋に(雀五郎の)兄弟子の雀喜兄さんが来ていて兄弟弟子はいいなあ〜と思っていたら、雀五郎兄さんが小噺に雀喜兄さんの本名『堅太郎』を使って兄弟弟子っていいなあ〜と更に思った」と。そうか、堅太郎は雀喜なのか。(と思っていると「三十石」でも宿帳のくだりで、今度は長坂堅太郎とフルネームが出てきて笑いが生まれ、ハネて表に出ると「鳴り物」に長坂堅太郎とありまた笑うという、今夜はなんとも美味しい本名であった。)
そして、噺は鉄板の「初天神」、上方では最強の「初天神」じゃないか? 今夜は虎ちゃんが財布の有り金はたいてタコ糸買うてきてしまったので「遊びに行けんやないか!」と親父が愚痴った。なんややっぱし遊びに行くつもりやったんかいな、と噺の世界が広がるクスグリに唸る。


「三十石」は京見物や船宿二階の前半描写をおさえて、その時間を「お女中との船旅」の妄想に回した感じで、帯を解いてアレ〜とクルクル回るお女中から大昔お女中やったお婆んの登場の落差が小さな滝の様であった。「妄想の滝」である。
三十石舟唄はまだ磨く必要があるものの、なかなかのものであった。楽屋からの舟唄が無かったのはどうしてなのだろう。


と本来ならトリネタである三十石を真ん中に持っていっての「崇徳院」は雀五郎の渾身の絶叫であった。
あの寡黙な雀五郎がもし大阪中、お相手を探し出してこい、と放り出されたら、まあ間違いなく寡黙なままでグルグル彷徨うしかなかろう。しかし、雀五郎とて三百円と蔵付きの五軒の長屋を提示され、カミさんからやいのと言われれば「瀬をはやみ〜」との絶叫が生まれるのだ。これはノンフィクションなんだ!
最後にふらふらで辿り着いた床屋で、相手の娘さんの家に出入りしている職人が飛び込んで来て、大急ぎで髭をあたってもらう理由をまくし立てる時、熊五郎には、いや雀五郎にはもはや後半その台詞は聞こえず思わず襟首に掴みかかる、その沈黙を熊五郎目線で見える、先方の職人と床屋の会話を口パクで表し、わっと掴みかかる思いをより強く描き出していて、これはちょっと凄すぎないかと、大阪流に言えば寒イボがたった。そこからほんスグのオチにまるで被せる様に大拍手を送り、心の中でスタンディングオペレーションをしたのだった。


さあ、打ち上げだと噂の立ち飲み「くにし」に向かったら予想外に早くもシャッターを下ろしているところで、危うく打ち上げ難民になりかけ歩いていると、雀五郎さん等とすれ違った。
声を掛けたが、もう素の寡黙な雀五郎さんに戻っていてボソッと感謝の意を示して去って行った。これから長坂堅太郎達と打ち上げなのだろうか。 敬称略御容赦。